疾風勁草~未来への架け橋~


日本のウインドサーフィン学連は、ほどんどの人が大学から始めて四年でウインドサーフィンを終えてしまう。

そのために十分に発展しておらず、世界的に見ても遅れをとっていると言える。

だが、四年という限られた時間の中で出来る限りのことをする、限界に挑戦し続けるという点にこそ日本の学連にしかない価値があるはずである。      


そのため、自分たち学連NTとしての役割は、学連を牽引する自分たちのレベルの向上とそれによる学連全体のレベルの引き上げ、世界に挑戦することで得られる知識の共有、楽しさを伝えウインドサーフィンに関わる人を増やす、これらを通してこれからの学連発展に繋いでいくことであると自覚する。                 NTとしてつらい局面に立たされることもしばしばあるであろうが、ウインドサーフィンに関わる様々な人の力を借りながらも、固い意志を持って役割を全うします。


関わって下さる方々、学連のプレーヤー、マネージャー、みんなで学連を盛り上げていきましょう。