関西NT練習会レポート

 

 530,31日に滋賀県近江八幡市佐波江町かんとりーはーばーにて関西NT練習会が実施され、総勢110名の選手が参加してくれました。

 今回はコーチとしてNT全員に加えて板庇雄馬さん(立命館大学OB)に来ていただきました。

一日目

 午前は北西2~3mの微風域でスタート練習と艇速練を行いました。参加人数は多く、艇速練は7名ずつぐらいの班になりました。他大学との練習ということもあり、みんな必死に漕いでいたと思います。スタート練習に関しては、普段は出来ない50人規模の練習で、さらに、NTが船に乗って監督をしていたため良い経験となるスタート練習になったかと思います

 午後はマークラウンディングを3本行いました。本数をこなす内に徐々に風が上がり、最後には強風でのラウンディングを行うことができ非常に有意義でした。しかし、最後のラウンディングは上下1周であったにも関わらず、コースを回ることが出来ない選手が多数いたため、学連の底上げの必要性を感じました。

二日目

 二日目は午前から風があり、1日中北西6~8m程度の強風下で練習を行えました。午前は前日同様艇速練とスタート練習を行いました。風がかなり強く練習中に険しい表情で乗っている選手も多く見られました。強風と言うこともあり、2回生には厳しい艇速練になったと思いますが、その分良い経験にもなったと思います

 午後も午前と同じような風域で、マークラウンディングを3本行いました。強風ということもあり、上位は艇速に自信のありそうな選手が多く見られました。特に京都大学の選手が上位を走っていたような印象を受けました。また、1日目に引き続き、何本かゼネラルリコールとなってしまったので、全員がスタートラインを把握し、ルールを守ってレースを行えたらさらに良いと思いました。

 

 二日間を通して主に強風域での練習でき、内容の濃い練習会になったかと思います。特に普段微風が多い琵琶湖勢は良い練習になったと思います。今後NT一同尽力し、さらなる学連全体の発展に貢献していきたいと思いますまた、今年度初のNT練習会と言うこともあり、運営の段取りが不十分であったこともあるので、今後はより一層、気を引き締めて望みたいと思います。

 

 最後にこの二日間浜をお貸しいただいたかんとりーはーばーさん、船の運転からリザルト作成まで様々なことを手伝ってくれた同立、滋賀のマネージャー方に心よりお礼申し上げます。

 

2015年度学連NT関西支部長

森祐太